化粧水を上手に使って乾燥肌を解消しよう。

ヒアルロン酸

ピンクのルージュ

冬の厳しい寒さと室内の乾燥が、乾燥肌をさらに乾燥しやすい状態にしてしまいます。
保湿を重視したスキンケアを行なうのを基本として、洗顔を少し見直してみるのが大切です。
洗顔は意外と負担を与えてしまうもので、皮脂や潤い物質なども一緒に洗い流されてしまいます。
強い洗顔料を使用してしまうと、この奪われてしまう潤い物質がさらに増えてしまうので、保護機能が働かなくなり水分が蒸発しやすくなってしまうのです。
洗顔後に肌が突っ張るようなら、明らかに洗顔料が肌に合っていないので、もう少し洗浄力が弱い洗顔料を使用するのがおすすめです。
汚れ落ちや泡立ちを良くするための界面活性剤が、乾燥肌だと刺激が強い場合が多いので、純石けんなども視野に入れて洗顔料選びをするのが良いでしょう。

冬場は夏と違って皮脂や汗の分泌も大きく減少しています。
元々、乾燥肌や敏感肌の方は皮脂の分泌も少ないため、この時期の朝の洗顔は洗顔料を用いないぬるま湯のみの洗顔でも、充分汚れを落とすことができます。
泡洗顔のように必要な潤い成分が適度に肌に残ってくれるため、乾燥を和らげることができます。
外的刺激から守ってくれる肌のバリア機能を保つ事ができるので、水分の蒸発を防ぐことができます。
ただし、お湯の温度には注意が必要です。
いくら洗顔料を使用しないと言っても、お湯の温度が高すぎると皮脂が流れ出してしまうため、高くても体温より低い35度程度までにしておくのが大切です。
また、肌を擦らず刺激を与えないように洗顔するのがポイントです。